50代の肌の悩みに効果的なegfの使い方とは?

肌のターンオーバーをサポートしだ50代の肌に透明感やツヤを与えてくれる、ノーベル賞受賞成分のegf。

くすみやシミなど年齢肌の悩みを抱える50代にとっては、心強い味方の美容成分です。

せっかくの素晴らしい成分ですが、より一層効果を得るためにはちょっとしたコツが必要です。

ここでは、egfのパワーをより肌に浸透させ、50代の肌を若々しい美肌にする効果的な使い方をお伝えしていきますね。

1~2カ月で使い切る

egfは空気に触れることで品質がかわりやすい性質をもっています。

egfが配合されているコスメはできるだけ1~2カ月を目安に使い切るようにしましょう。

常温保存しない

egfが配合されているコスメは、未開封の場合には常温保存できますが、一旦開封した場合には冷蔵庫で保管するようにしてください。

常温で気温が25℃以上になると、成分が変質する可能性があります。

1回につき500円玉1個分を使用する

egfがすぐに肌になじんだり、つけてもすぐにカサカサする・突っ張るなどの時は分量が不足している時状態です。

逆に、なじまなくなる時はegfが飽和状態だと考えてください。

目安としては、500円玉1個分を使うと良いでしょう。

肌に何もつけていない状態で使用する

洗顔後、肌に何もつけていないまっさらの状態で使用してください。

肌にしっかりなじんだところで、そのほかのお手入れに進みましょう。

毎日使用する

egfの成分は、24~48時間連続して塗布するのが効果的です。

毎日、朝と夜に使用することでより高い効果を得られます。

egf
egfは表皮の細胞を増やして、新しい角質層を作り出します。

表皮の細胞が増えることで、キメを整え透明感・ハリ・ツヤのある肌を作ります。

MEMO
egfは米国の生理化学者、スタンリー・コーエン博士が発見した成分です。スタンリー博士はegfを発見したことによって、1986年、ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

その後、egfは形成外科や皮膚再生などの医療の現場で治療に取り入れられています。

日本egf協会認定のegfを配合した美容液のレビュー記事はこちらです。

50代の肌の悩みを解決するはどうしたら良い?たるみ・しわ・法令線

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です