実家の母の認知症はアルツハイマー型だった!!

2019年7月初め・・・母が認知症かも?という知らせを実家近くに住む妹から受け取り、実家に帰省した私。

その後、約1か月が過ぎました。

脳神経外科の受診や介護認定の申し込みなどで毎日あわただしく過ごしていましたが、ようやく母の診断が下り、今後の生活の方向性が見えてきました。

認知症の専門医を受診して色々な検査をしたのですが、その結果は「アルツハイマー型認知症の初期」でした。

現在、一番患者数が多いといわれているアルツハイマー型。

母が「虫やヘビが見える」とか「知らない人が家に居る」とかいうので、てっきり「レビー小体型認知症」だと思っていた私と妹。

認知症専門医の最初の受診では、ドクターも「恐らく、レビー小体型認知症でしょう」と言っていたけど。

装置を使った検査などで、レビーではなかったことがわかりました。

アルツハイマー型でも、幻視は見えるのだそう。

おまけに、けっこう酷いレベルの認知症ではないかと思っていたのに、程度は軽度。

言語聴覚士の検査では、軽度にもならないほどのレベルでした。

今後は、母の希望により実家での一人暮らしを続けます。

近所のデイサービスやヘルパーさんを利用しながら、できるところまでは一人暮らししてみるつもり。

様子によっては、私の家に引き取るとか施設への入所も視野に入れています。

すべては、今後のアルツハイマーの進行状況によるかな~と思ってます。

治療のお薬は飲み始めていますが、まだ幻視や妄想は消えないそう。

ただ、ドクターに「ヘビや虫が見えるのは病気が原因です。現実に起こっていることではないので、気にしなくて大丈夫ですよ。」と言っていただいたことで、気持ちがとても安定したらしいです。

それまでは、食事からも虫が出てくるので食べられない状態が続いてましたが、ドクターの言葉で安心したため食べられるようになりました。

食事ができるようになると、身体も元気になり意欲が出てきたように感じます。

また、お薬が始まったのと同時に、以前私がお試し購入した認知症サプリを飲み始めています。

寝付きが悪く、睡眠が浅かった母ですが、飲み始め初日から秒殺で眠りに入りました。

目の焦点が定まっていない状態も改善されました。

まだ飲み始めてから10日ほどなので、それほど大きな変化は感じていない状況ですが、睡眠が改善されていくことで徐々に良い兆しが見えるのでは?と期待しています。

ドクターも認知症のお薬とサプリメントの併用は推奨していて、「一緒に飲んでも差し支えありません。むしろ、食事だけで摂れない栄養素を補ってください。」と言われています。

お薬とサプリの併用で、母の認知症が改善されることを期待している毎日です。

今後もサプリの感想などを含めて、母のアルツハイマーの状況をお伝えしたいと思います。

以前私が認知症サプリを試した時のレビュー記事

プラズマローゲンって何?プラズマローゲンを購入してみた!! コレ、もしかして若年性認知症?プラズマローゲンの効果を検証レビュー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です