母の認知症の症状は・・・

他県で一人暮らししている母の認知症の症状をまとめてみました。

ご家族が認知症かも?と思っている方の参考に少しでもなれれば幸いです。

  • 幻視が見える(人・虫・ヘビ・菌)
  • 幻視で見えたものが攻撃や嫌がらせをする
  • 眠れない(睡眠が浅く、短時間しか眠れない)
  • 意欲の低下(何事にもやる気が起こらない)
  • お風呂に入りたがらない
  • 食欲がない(食べ物から虫などが出てくる幻視が見える)
  • 幻視で見えるものと戦う

うちの母の場合、記憶力や会話についてはハッキリしています。

外出して家に帰れなくなるとか、近所を徘徊するとかっていうことは一切ありません。

ただただ、私たちには見えない物を「見える」と一点張りに言い張るばかり。

しかも、母だけに見えるものたちは攻撃をしかけてきたり、家を乗っ取ろうとしていたり、母にとって悪意のある行動を起こしてくるのだとか。

お札に印刷してある人物の顔がいつもと違う・・・と言い出したこともありました。

母には幻視が実際に生きて動いている人物と同じくらい鮮明にくっきりと見えるらしく。

「それは幻視だよ!!実際周りの人たちには見えないものなんだよ、だから大丈夫」

と何度伝えても、まったく受け入れないし理解しようともしません。

 

ネットで母の状態を調べたところ、「レビー小体型認知症」の症状に酷似しています。

年齢も82歳なので、いつ認知症になってもおかしくありません。

 

早速、認知症学会に所属する医師に診察してもらえる脳神経外科を受診しました。

医師に母の症状をつたえたところ、私の予想通り

「恐らく、レビー小体型認知症でしょう」

との答えが返ってきました。

 

一般的に、認知症=アルツハイマー・・・と思いがちですが、実は認知症にはいくつかの型があり症状にも様々なものがあるんですね。

今回の受診で初めて知りました。

で、それぞれの型の診断をするために、色々な検査があるということにも驚きました。

 

早速、母も数種類の認知症検査をすることになりました。

一刻も早くお薬での治療を開始して欲しいところですが、そうはいかないらしく。

始めに認知症の型を診断するための検査がどうしても必要になるそうなんです。

(型によって治療に用いるお薬が違うみたい)

 

すべての検査が終了するまでには、数週間がかかります。

その間は毎日、

「虫が身体を出入りしてる」とか

「キッチンに魚がいっぱいいる」とか

「たくさんの人が洗面所に出入りしてる」とか

母が言うのに付き合わなきゃならないんです。

昼夜問わず・・・

 

こっちのほうが精神的に参っちゃいそう・・・・・

介護する家族の方がメンタルをやられてしまうって話は聞いたことがありましたが、まさか自分自身の身に起こる日がやって来るなんて想像していませんでした。

でも、ここで踏ん張らなくては!!

検査が終わるまでは、気をしっかり持って乗り切ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です