プラズマローゲンを含む食品は何?プラズマローゲンは食品を食べることで補える?

認知症を良い方向に変化させることで、現在大注目されているプラズマローゲンという物質。

プラズマローゲンは、もともと私たちの身体の中に存在しているものだけれど、加齢とともに減少していきます。

プラズマローゲンの減少によって、年齢を重ねていくと忘れっぽくなったり、思い出せなくなったり・・・という現象が起こり始めるのだとか。

物忘れや頭のボンヤリ感を解消したり、認知症を予防するためにはプラズマローゲンを外から体内に補うことが重要だとされています。

プラズマローゲンを含む食品は何?

プラズマローゲンを含む食品はいくつかあります。

肉類(鶏・豚・牛)

魚介類(ホヤ・牡蠣・ウニ・ホタテ)

海沿いの地域に住んでいるお年寄りの方の骨や足腰が丈夫だったり、頭がしっかりしているのは魚介類を長期間に渡って食べている食生活によるものなのかもしれませんね。

プラズマローゲンが含まれている食品があるということがわかりました。

それらの食品を毎日の食生活に取り入れることで、体内のプラズマローゲンを補うことは可能なのでしょうか?

プラズマローゲンは食品を食べることで補える?

残念ながら、食品から直接プラズマローゲンを身体の中に補うことは難しいとのこと。

主な理由は

身体に必要な量のプラズマローゲンを食べ物から摂るためには、相当な量を毎日食べ続けなければならない

プラズマローゲンは身体に吸収されにくい性質がある

というものです。

では、プラズマローゲンを体内に補うことはできないのでしょうか?

実は、プラズマローゲンを食品から安全に抽出して体内に吸収されやすい形にする技術や研究が進められているんです。

食品から抽出されたプラズマローゲンは、サプリメントという形で体内に取り入れることで、脳や身体に大きな変化をもたらすことができるのです。

現在、サプリメントという形になったプラズマローゲンは、医療機関や介護施設に次々と導入されていて、認知症に悩み、苦しんでいる多くの方やそのご家族の希望の光となっています。

実は、55歳の私も「最近何事に対してもやる気が起こらない」「人や物・場所などの名前がすぐに出て来ない」などに悩んでいます。

「もし、このままこの状態が進行して認知症になってしまったらどうしよう・・・何か良い対策ってないのかな?」

・・・と思って色々と調べているうちにプラズマローゲンの存在にたどり着いたのです。

ネットでプラズマローゲンサプリを使用した体験談や口コミをたくさん読みました。

「ホントかな?」

「試すだけ試してみようかな」

「ダメもとで買ってみよう!!」

と軽い気持ちで、プラズマローゲンサプリのお試し購入を申し込んでみたんです。

ところが、10日間のお試しを飲んでビックリ!!

なんと体調に数々のうれしい変化が起きたんですよ♪

今までも色々なサプリメントや健康食品を利用してきましたが、10日間という短期間でも身体の変化をハッキリと実感できたのは、初めての経験です。

通常、サプリは「3カ月試して体調に変化が起こり始める」・・・って言われていますもんね!!

私と同じく、「アレ」とか「これ」とかが会話の中で増えていたり、「なんだか毎日頭がスッキリしない」「クヨクヨ考えてしまうことが増えている」・・・という50代の方。

おすすめですよ、プラズマローゲンサプリ♪

特に睡眠の悩みがある方にはぜひ、試していただきたいと思います。

「眠りの質」が変わります。

私が購入したプラズマローゲンサプリの詳細はこちら

 下記の記事で購入したプラズマローゲンサプリのレビューを書いています。参考にしてください。

コレ、もしかして若年性認知症?プラズマローゲンの効果を検証レビュー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です